ともに生きる。

2020.03.11 Wednesday

ともに生きる。2020

 

 

3日ほど前だったか、早朝のNHKニュースで見たVTRのこと。

 

東日本大震災から9年。


漁港を背に佇むその人は、自分の気持ちを、こう答えた。

 

「この町は、ずっと海と一緒に、生きてきた町だから・・・」と。

 

それはなんというか、あまりにも自然に発せられた言葉だった。


まるで、その人の「呼吸」そのものみたいだった。

 

吐いては吸い、吐いては吸い、


その言葉は、潮香る大気となって、


海とともに暮らす人々の心を、片時も離れることなく支えているのだと、私は思った。

 

 

関連する記事

※当サイト内の文章・イラスト画像等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。