夢の断片

2020.05.31 Sunday

ノートをペラペラめくっていたら、だいぶ前に見た夢のことが書いてありました。


突拍子のない内容。
殴り書きの文章と絵が、なんだか妙に可笑しくて、一人爆笑。


ちぐはぐな文なので、人が読んでも意味不明かと思いますが、
気に入ったので、そのままブログに載せさせていただきます。

 


*****************************

 

 

 

南国のような、砂漠のような、異国の地にいる夢をみた。

 

黄金の衣装を着て、お母さんもいる。

 

なぜか、ジャッキー・チェンがいる。目尻のふちに、蝶のような羽が生えてる。

 

「ワット・イズ・ディス?」

「ビューティフル・リトル・バタフライ! フライング!!」

と、私はとても美しい発音で英語を話している。

 

お母さんがびっくりしている。

 

 

 

目尻に蝶々2

 

 

 

 

南国風の民族の中年女性。体格のいい。が、鳥のオブジェを5つくれた。

 

1つは古くて、4つは作りたてで あたたかい。

 

食べてみた。

 

 

そこへ一人の少年がやってくる。

 

ポケットに入っているスティックシュガーをあげようかと思ったけどやめた。

 

 

異国の土地へタイムスリップしたような感覚。

 

黄金の衣装を着た自分が鏡に映っていて、赤い口紅がとてもきれい。

 

 

黄金、南国の原色、鳥のオブジェのぬくもり。

 

この鳥はあなたのようにやさしくてあたたかい、と伝えたかった。

 

「ディス・バード・イズ・ユーのよう」みたいなことを言う。

 

女性はうれしそうにほほえんでいた。

 

 

 

鳥のオブジェ2

 

 

 

 

 

う〜ん・・・

ノートの汚い字面で見ると無性に笑えるんだけどな〜

 

 

関連する記事

※当サイト内の文章・イラスト画像等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。